大学受験ではモチベーションを保てるかどうかが重要です。

武田塾講師のセッキーです。

モチベーションを保てない生徒の共通点としては将来何をしたいのかがわからない、ということが挙げられます。

大学は夢を叶えるための手段に過ぎません。

ですから、大学に入学した後のことを考えるようにしましょう。

 

方法としては、夢や目標から逆算します。

 

将来の夢があり、それを実現するためには大学で勉強をしなくてはいけない。
だから大学に行くのです。

そうすることによって、モチベーションを保つことができるでしょう。

 

しかし、将来の夢があるひとにとっては簡単なことかもしれませんが、ない人にとってはとても難しいかもしれません。

 

そういう人はまず、将来何をしたいのかを考えてはどうでしょうか。

まず、自分の好きなことを何でもいいので思い浮かべてください

そしてそこから関連する職業を調べてみましょう。

 

例えば、映画が好きだったらコンピューターグラフィックス(CG)の仕事、食べることが好きだったら食品開発の仕事、ツイッターが好きだったらアプリ開発の仕事、といった具合です。

 

そうすれば、例として、CG関連ならメディア系の学部、食品開発なら化学や生物系の学部、アプリ開発なら工学系の学部、といったように、行きたい学部が決まるはずです。

 

あとは、それらの学部がある大学から自分の力に合ったところを選ぶだけです。

 

この作業を行うときには、インターネットなどを利用してなるべく多くの情報を集めることが必要です。
そのため、長くて丸一日かかってしまうかもしれません。

 

しかし、これによってモチベーションを上げることができれば、
その後の勉強の効率が格段に上がり、結果としてはよりよい成績を出すことができるでしょう。

ですから、なるべく早いうちに将来やりたいことを決めることをおすすめします!