皆さんこんにちは!
ハンバーグを作るときのタネの空気を抜くという調理過程が大好きな講師のなりさきです。

普段はつくば校で国語を担当していますが、現在私は武田塾土浦校に来ております。
土浦校綺麗ですね!

静かできれいな環境での勉強は捗ること間違いないでしょう!

さて、そろそろ前期試験の合格発表が行われたころですね。

結果はどうだったでしょうか?

合格が決まり喜ぶ人、後期試験まで戦う人など様々な人がいると思います。

酷なことを言いますが受験は結果がすべての勝負です。

最後まで諦めずに踏ん張りましょう。

 

さて今回は””生きること””について語っていきましょう。

とても抽象的で哲学的ですね。

生きるのって難しい。

というのはすべて嘘です。

今回の記事では大学受験準備のためにするべき2つのことについて話していきます。

 

 

まず1つ目!

志望校を決める

これって意外に大事なんですよね。

学校の先生はよく、「勉強をしておけば大学なんて選び放題だ!」と言いますが、行きたい大学が決まっていないと何ともモチベーションが上がりませんよね。

なんとなーく勉強をして、なんとなーく点数が伸びて大学が選び放題なんて、そんな人生イージーモードだったら浪人生なんて1人もいないし、こんなに人生苦労しないと思うんですよね…。

高校3年生になる皆さん、もう受験生です。

春休み中に、大学で勉強したい分野や志望校を大まかに決め
余裕でその大学へ合格できるレベルまで学力をつけるための計画を立てましょう!

 

 

では2つ目!

勉強する習慣をつける

特に、まだ大きな大会が残っていて部活動をバリバリしている人、部活動の引退が遅い人はしっかりと勉強をする習慣をつけましょう。

人は物事を23日以上継続して行うと習慣になるといわれています。

何事も積み重ねが大事です。

特に部活動の引退が遅い人たちはスタートが遅れてしまいます。

部活動で疲れているかもしれません。

しかし、テレビ見たり漫画を読む時間をちょっとだけ減らして英単語や古文単語などに時間を充てられるようにしましょう。

毎日お風呂に入る、歯を磨く、ご飯を食べると同じように勉強するという習慣がつけばGOOD!です。

23日間頑張れば自然と習慣になってきます。

まずは23日間頑張りましょう。

春休み中にしっかりと受験準備をして受験という戦で勝利をつかみ取りましょう!