こんにちは(*’ω’*)

この春、国語の魅力を伝えに筑波大学からやって来ました!

武田塾講師のなりさきです!

 

本日の特訓レポートの科目は……古典です!

 

国語の中でも古典ってわかりずらいですよね・・・・

私も高校生の頃は、古典?何それおいしいの?
…と古典は1番の苦手科目でした…(;´・ω・)

今回は古典ってどうやって勉強すればいいの?という生徒さんの質問に回答していこうと思います!

 

古典の勉強でまず初めにしてほしいこと。それは””単語“”です。

古典の勉強法は英語の勉強法とほとんど同じなんです!
単語を理解しなければ解くことができません!

 

みなさんは、古文単語の「をかし」の意味わかりますか?

単語を勉強する前の私は「お菓子」とか「おかしい」の意味だと思ってました…(/ω\)

こんな間違いをしないように、まずは””単語“”を攻略しましょう!

古文単語は現代と全く違う意味を持つものがたくさん出てきます。

要注意ですね。

 

古文単語を攻略し終えたら””文法“”をやっつけちゃいましょう!

古典で手ごわいのは助動詞…たくさん種類があるため覚えるのも難しいですよね…

私はリズムに乗って口に出しながら助動詞を覚えていました。

リズムで助動詞を覚えることができて、声に出すことで記憶に残りやすい!

体を動かしながらやるとストレス発散にもなって一石二鳥です!!

 

ここまでで単語と文法をクリアできたら、実際に問題を解いていきましょう!

ここで注意してもらいたいのがいきなり入試問題レベルを解かないこと

いきなり入試問題を解いて高得点をとれる人というのはまずいないです。

基礎をやっていき、簡単な問題から徐々に難しくしていきましょう!

単語も文法も倒して、練習問題→入試問題→大学別レベル問題
まで倒せたらゲームクリアです!!

 

これであなたも、古典マスターという称号を手に入れることができます!!!

古典マスターの称号を持ってるとモテモテになったり、お金持ちになったり、身長が伸びたり…

なんてことはありませんが、センター試験の古典で満点を取ることができます!

 

満点…なんてすばらしい響きなんでしょう!

私は現役の時に満点を逃してしまったので…

みなさんが満点をとれるように精一杯サポートさせていただきます(*´▽`*)

次回は現代文で満点を取るには!を紹介していきたいと思います!
(予告なしに変更することがあります)

それではみなさん、受験まで一緒に頑張っていきましょう!!