この春から武田塾で講師をさせて頂くことになりました!

筑波大学 理工学群 社会工学類 2年 の ダイゴ です!

 

みなさんの合格率が1%でも上がるよう粉骨砕身で頑張ります!!!

 

・・・と力みすぎて先日は生徒さんに宿題を出しすぎてしまい「こんな量できません!!」
と言われてしまいました( ;∀;)

いまだ慣れない講師業に四苦八苦しつつ、生徒さんと一緒に日々励んでいます。

 

さて、先日「数学はひらめかないといけないから解けない」
と頭を抱えてうんうん唸っていた生徒さんがいました。

数学はひらめきの教科』そう考える人は少なくないようです…..

ここで皆さんに質問です(ジャーン!!!!)

数学は本当にひらめきだけの教科なのでしょうか?

答えは…..(デケデケデケデケ♪)

答えはー…………..(デケデケデケデケ♪)

答えは~~~~……………(デケデケデケデケ……デン!!!!)

 

答えはNOです!!!!
散々ひっぱりましたが答えはNOなのです!!!!

 

数学は決してひらめくだけの教科ではありません。

 

もし本当になんの知識も無しにただひらめくだけでよい教科なのであれば、そこに努力をする意味などないでしょう。

しかし、数学におけるひらめきとは…..

 

反復に反復に反復、そして反復、あともう一つ付け足すとするなら反復!!!

 

といったように繰り返し繰り返し問題を解いた経験から来る勘のことなのです!

「ここはあの問題に似てる!」や「この問題の感じだとこの公式が使えるんじゃないか?」などの思いをしたことはありませんか?

「アタイある」と思ったそこのあなた、もしかして数学の勘…ついてきてるんじゃない?(@_@)?

「オレない」と不貞腐れたそこのあなた、修業と気合が足りません( ゚Д゚)

みなさんはこれから見たこともないような問題に何度も何度も立ち向かわなければならないのです。

「こんな問題解いたことない」とあきらめてペンを置くのではなく!

どうにか今までの知識で解けないか
今回は間違えてしまったけど、繰り返し解いて次は間違えないぞ

という姿勢で参考書や試験に臨んでください!!!

 

みなさんのその経験は未来のひらめきに間違いなく繋がっていますよ~

 

初回なのに長くなってしまいましたね(汗)

それではみなさん!!僕と一緒に一生懸命頑張りましょう!!!