講師のオダミーです!

4月上旬、英語長文や英作文ができないと相談してくる多くの生徒に足りていないものがあります。

それは、英単語力。

英語の基本はやはり単語力です。

そこをおろそかにしたまま応用(長文や英作文など)へ進んで、行き詰ってしまっている塾生が少なくありません。

しかし、センター試験に出てくる英単語だけでもそれはそれは膨大な量で、覚えるのはとても大変です。

そこで、英単語を覚えるときにオススメのコツとして、いつも塾生にアドバイスしている方法が2つあるのでご紹介します。

 

 

書くだけでは覚えられない!?五感を使って英単語を暗記

 

はじめて英単語を覚える際は「英単語の意味がわかる」という段階でOKです。

 

ただし、英語は言葉なので実際に使ってみないとなかなか上達しません。

私は父の仕事の関係で、中高をアメリカで過ごしました。

その経験からも言えることですが、『英語を使う』という意識を持てば必ず上達します!

 

英単語は、全てを書き出したりする必要はありませんが

少しでも自信のない単語は書き出してみましょう。

自分で書き出して大体のつづりを手で覚えます。

 

そして次に目で見て読んで覚えます。

その次に声に出して発音してみて、それを自分の耳に聞かせます。

手、目、口、耳を使えば、ただ目で見て覚えるより何倍も頭に残ります。

 

また、英語には似通った形の英単語がたくさんあるので、目で覚えるだけではいろんな単語を混同して覚えてしまいがちです。

しかし、実際に口に出したり、耳で発音の違いを感じることで似通った形の単語も間違えにくくなると思います。

 

例文把握で「わかる」から「使える」に!

 

単語はただ意味がわかればいいというものではなく、

その単語を文中でどう使うのかをしっかり覚えることが重要になってきます。

 

つまり、実際に英単語を使える力を身につけてこそ本当の単語力が備わったといえます。

意味が「わかる」という段階から「使える」という段階にレベルアップする必要があるのです!

 

なんと単語を記憶する際、これを同時に解消できる方法があります。

 

ただ単にある単語が名詞か形容詞か動詞か、とか、他動詞なのか自動詞なのかということを覚えようとしてもなかなか難しいでしょう。

 

そこで、私はいつも塾生に簡単な例文ごと覚えなさいと教えています。

参考書の例文を引用してもいいですし、自分で作ってみてもいいと思います。

簡単で短い例文ほど覚えやすくて良いです。

 

たとえばgiveという単語があれば、

“I give you this”

“I give this to you”

という例文を作って覚えます。

 

そうすれば、giveという単語は他動詞でgive A Bの形のとき必ずAには人、Bにはものがきて、先にものが目的語としてくる場合にはgive B to Aという形をとるということが覚えられますね。

 

 

以上、英単語の覚え方を2つ紹介しました。

武田塾では英単語を覚える方法だけでなく

最短で志望校に合格するための様々な勉強法をお教えしていますので、興味のある方は

 

ぜひ一度、無料受験相談へいらっしゃってください。

 

ますば英単語を制して、最後は入試を制しましょう!