皆さんこんにちは。

講師のナオです。

 

、といえば新たな一年の始まり。

入学式を控えた新入生や、進級して新たなクラスになった在学生など、これから始まる一年に胸を弾ませている人も多いのではないでしょうか。

そんな皆さんにとっての天敵のひとつ、

それは新しく勉強することになる科目です。

 

今回は現在物理学類に所属している私が

「物理」でよいスタートを切るためになにをすべきか

というテーマにしてみました。

具体的な話は最後の方の段落に書いてありますので、途中の文章を読むのが面倒になってしまった方はぜひ最後まで飛ばしてしまってください。

 

高校入学時を例に取ると、例えば「理科」なら「物理」「化学」「生物」「地学」
といったように、内容が専門的になり、科目数が一気に増えます。

すると、
ある特定の科目に初期段階から苦手意識を持ってしまう、ということが起きます。

特に物理は、暗記科目でもなければ数学でもない、今まで触れてこなかったような学問ですから、高校に入学して物理を学ぶと抵抗を持つ人が多いのです。

正直、私も最初は何を言っているのかさっぱりで、何をしたいのかもさっぱり
おかげでテスト結果は見事にボロボロでした。

最初のテストの範囲は相対運動や加速度運動、運動の三法則だったような気がしますが、当時の私にはとても難しかったです。

ではそんな私(暗記がすき、数学嫌い)が大学受験で物理学類を目指すまでに

物理を好きになったのはなぜなのかと考えてみたところ、

 

あるテストでいい点を取れたときにとてもうれしかったからだと気がつきました。

 

そのテストは、問題集をしっかり解いてから望んだテスト。

ただ問題集の回答を覚えるだけでなく
ちゃんと答えを導き出す過程まで理解しようと取り組んだテストでした。

この、答えを導き出す過程への理解こそが、私が大事だと思うことなのです。

物理の問題を解くときによく使う公式は、どれもみな便利です。

この点は数学と比較したいのですが、

数学に比べると公式から一気に答えを導き出す問題が圧倒的に多いと思います。

だから、公式を忘れてしまうと迷うまでも無くその問題を諦めなくてはならないときが
よくあるはずです。

この点は世界史日本史といった所謂、暗記科目に近い点だと思います。

 

では、ただ単に公式を覚えただけの人が物理の問題を解こうとすると
どうなるでしょうか。

上に挙げたような問題は、数学に比べれば多いというだけで、物理の世界では初級問題です。

たいていの場合は応用、問題の中でどのようにそれを使うべきなのか、
というところで迷います。

 

物理における公式とは、”鬼に金棒”的に言えば金棒です。

金棒がそこらへんに転がっていてもあんまり怖くありません。

しいて言うなら気づかずに踏んでしまって痛いことぐらいでしょうか。

つまりまぐれ当たりの武器にはなり得ます。

この点は他の暗記科目と一線を画すところですね。

大事なのはそれを使いこなすこと、鬼に金棒的に言えばのほうです。

それこそが答えを導き出す過程への理解であると私は思います。

 

どうしてこの公式を使うのか

どうしてこの考え方をするのか

そんな細かいところから理解して初めて高校物理が出来るようになるのではないかと私は思います。

 

具体的には、目の前の問題集を何度も解く、そんな単純なことです。

授業だけでは理解できないところは、問題を解く中で身につけるのが物理において、もっとも早い習得方法だと思います。

学校では公式の導出など、先生が数式をつらつらと黒板に書きそれを生徒がノートに写すという授業が多いと思うのですが、それを板書しただけでその内容を自分のものに出来る人はかなり少ないです。

理解は出来たけど数日後に忘れてしまう人や、単純に授業が理解できない人もたくさんいるでしょう。

だから、自分で手を動かして、自ら理解しなければせっかく先生が教えてくださる授業も無駄になってしまうのです。

 

というわけでまとめると、

・物理は数学よりも暗記科目に近いが、暗記科目よりも答えを導き出す過程が大事になってくる

・殆どの人は授業を聞くだけでは物理の力は身につかない

・問題集を何度も解くべきである

 

この三点をしっかりおさえて、物理をがんばって欲しい!です。