~インタビュー第1弾 筑波大学社会国際学群3年 ナオキ先生~

 

こんにちは!

武田塾つくば校・土浦校です。

今回はセンター試験直前ということで、

受験を乗り越えた講師に、

「この時期に何をやっていたか?」

「どのように過ごしたか?」

などをインタビューしてきました!!

 

☆通っている大学・学部、また今行っている活動などは?

ナオキ先生:

筑波大学社会国際学群社会学類に通っている3回生です。

今はバドミントンサークルに入っています!

大学では、経済学を勉強しています。

 

☆筑波大学以外に受けた大学は?

ナオキ先生:

筑波大学の他には、

明治大学の政治経済学部と立教の経済学部をセンター利用で受けました。

結果的に、この二つは合格することができました!!

 

☆センター試験対策は何をしましたか?

ナオキ先生:

1つ目は、

現役生で時間がなかったので、

まず筑波で必要なセンター試験の科目や配点をよく調べました。

筑波の社会学類では、

理科の配点が低いことや数学ⅡBを使わなくいいので、

この2科目の優先順位を下げて、

他の科目に力を入れて勉強しました。

 

あとは、

感覚や知識を忘れないようにするため、

毎日時間を決めて各教科を全部やるようにしていました。

そして、

同じ問題集や過去問を何回も繰り返し、

完璧になるまでやり込みました。

 

☆モチベーション維持や勉強集中の方法は?

ナオキ先生:

モチベーションに関しては、

国立大学にとにかく行きたいという強い意志を持ち、

落ちたら人生ヤバイ!

という危機感を常に持っていました。

 

また、

集中して勉強に取り組むために、

勉強中は携帯の電源を切るようにしていました。

あと、

昼休みや休憩中に時間を決めて、

友達とコミュニケーションを取るようにしていました。

 

以上、ナオキ先生のインタビューでした。

ぜひ参考にしてください!