ども!講師のポン助です!

「勉強法が分かりません!

 

毎年、多くの受験生がこの言葉を口にします。

当時、私も勉強法に悩む受験生の1人でした。

しかし、勉強法に悩む時間ほどもったいない時間はありません。

勉強法に悩む→勉強が手につかない→成績が向上しない→勉強法に悩む

この負のスパイラルに陥ってしまうからです。

そこで、スムーズに受験勉強を進めることができるように、私が実際に行った3つの対策を記します。

 

①成績の良い友人の勉強方を盗む!

基本的に、成績の良い人の勉強法は優れていることが多いです。

私は、仲が良く成績が良い友人に勉強方法を教えてもらい、実践しました。

具体例を挙げると、

ありきたりな勉強法に思えるかもしれませんが、夏に積分の計算力をつけることはとても重要です。

しかし、計算力は、多くの受験生が見落としがちな部分です。

私も友人に言われるまでは、重視していませんでした。

このように、成績の良い人は基礎を怠らず、最も効率の良い勉強を実践しています。

よって、同じ勉強法を用いれば、自身も効率よく成績を伸ばすことが可能になります。

 

②大学生の先輩にアドバイスを求める!

最近の傾向や良いテキストを具体的に知っているのは、受験終わりの大学生です。

そのため、より詳細な情報を得ることができます。

先ほど、成績の良い友人の真似をすることが良いと言いました。

しかし、友人も初めての受験です。

勉強法は良いかもしれませんが、良いテキストまで1発で当てることは難しいのです。

また、複数の大学生に、受験期の成功、失敗を聞いておくと良いでしょう。

1人の意見では少ないし、成功や失敗、片方の話のみでは偏った考えになってしまいます。

最後に、多くの情報を手にいれたら自分の状況や勉強スタイルが最もマッチした勉強法を実践してみましょう。

きっと受験勉強への意欲がわいてきます。

 

③合わない勉強法は切り捨てる!

さてさて。
上記の2項目を実践した人は、勉強法が定まってきたことでしょう。

しかし中には、「なんか、この勉強法マッチしないな(泣)」
と言う人もいるかもしれません。

そのような人は、迷わず今の勉強法を切り捨ててください。

せっかくテキストを買ったのに、もったいない。
そのように思う気持ちは分かりますが、目的は成績を良くすることです。

1年近くある受験勉強に失敗はつきものです。

短いスパンで見ればもったいないかもしれませんが、長いスパンで考えれば小さな失敗
の1つでしかありません。

少し勇気をもって決断してみましょう。

 

 

以上で勉強法についての話を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

みなさまの受験にむけて、少しでもきかっけになれば幸いです。

長く苦しい受験ではあると思いますが、

家族や友人、身の回りの方への感謝を忘れず、励んで下さい。