こんにちは。

講師のユイカです。

 

数学というのは、まるでスポーツのような教科です。

えっどういうこと?

そう思いますよね。

 

スポーツを例にとってお話しします。

スポーツを毎日練習しているとしましょう。

でもある日、1日だけ休んだとします。

 

そうすると、

休んだ次の日はあまりうまくいかなくなり、

休む前の状態に戻すには倍の2日間かかったりしませんか?

 

数学はこの現象とよく似ていたりします。

数学を1日やらない日があると、

次やるときには計算のスピードが落ちてしまったり、

ケアレスミスが増えてしまったりするのです。

 

改善策は1つ!

 

毎日数学をやりましょう。

 

とはいっても

理系の学生にとって数学は重荷ですから、

始めたら午前中がつぶれてしまう、、、

なんてこともしばしばありますよね。

 

そんなにガッツリやろうとはしないでいいと思います。

自分が苦手だなと思う問題を数問、

1~2時間くらいでいいのでやってみましょう。

 

苦手な範囲でも、

毎日のように解いていれば少しずつスラスラできるようになります。

 

毎日数学を続けることで、

数学を解く際に使う脳、

私が勝手に命名しますが『数学脳』を忘れず、

保ち続けることは重要です。

 

ぜひ『数学脳』を実感してください!