こんにちは!講師のノエミです。

 

ついに6月に突入しました。

6月が終われば2016年も半分終わったということになりますね。

 

私は一浪して大学に入ったので、

周りの友達が「ティーンが終わっちゃう~」と言いながら20歳になっていく中、

21歳の誕生日の到来を恐れる日々を送っています。

 

さて今日は勉強のお話から少し離れて

「緊張」の話をしたいと思います。

 

みなさんは試験の時緊張しますか?

 

たまに全く緊張しないという人もいますが、

たいていの人は多かれ少なかれ緊張すると思います。

適度な緊張は必要だと言われますが、

極度の緊張は自分の持っている力を発揮するのに障害になることがあります。

 

それまでは落ち着いて問題を解いていたのに、

分からない問題が出てきて焦って時間をロスして…

 

という経験はきっとあるあるですよね。

 

試験の前や試験中に緊張をほぐす

自分なりの方法を持っておくことで

持っている力を出し切れるように練習しておきましょう。

 

では具体的にどんな方法があるでしょうか。

 

いくつか例を挙げてみたいと思います。

 

私が浪人時代にお世話になった先生は、

鉛筆削りの代わりにカッターのような小さい刃物を持参し、

試験前に鉛筆を尖りに尖らせることで緊張を紛らわしていたそうです

(この方法は試験前に流血するというアクシデントを避けるためにもあまりおすすめしませんが…)

 

私の友人に関しては、

試験が始まるまでのしばしの静寂の中で

自分自身に「俺はできる、大丈夫、ちゃんと勉強してきたんだから!」

自己暗示をしていたそうです。

(その友達は松岡修造をリスペクトしていました)

 

私の方法はというと、

鼻息でため息をつくことだったそうです。

というのも、浪人時代の友達に

「模試の時とか鼻息荒いよね⁉」と指摘されるまで

私自信はこの方法をルーティンとしていることに気づきませんでした。

(もしかすると、周りからいろんな意味で警戒されていたかも…)

 

以上具体的?な方法を3つ紹介しましたが、

総じて言えるのは

緊張をほぐす方法は人それぞれ様々にあるということです!

 

自分の緊張をコントロールすることは、

試験や何かの本番などでのパフォーマンスに影響すると思うので、

自分なりの緊張ほぐし法を見つけ、

あなたの力を最大限に発揮してやりましょう(●`□´)