武田塾講師のシオリです!

今回は国語の指導で塾生から良く受ける質問をご紹介します!

文章を読むのに時間がかかりすぎる💦

センター試験の場合、

時間制限が厳しいために最後まできちんと読めなかったり、

焦ってしまって正確な読解ができなかったりすることがあると思います。

速く正確に文章を読み解くためには、普段の読書のようにただひたすら読むのではなく、工夫が必要です。

 

文章には筆者が伝えたい核となる部分があって、

そこに説得力を持たせるためのエピソードや具体例で構成されています。

つまり、

どの段落からどの段落までが一つのエピソードなのか、

具体例が何を導き出すためのものなのかが分かれば、

具体例は読む必要など無くて、

文章の構成はもちろん、

文章の核を正確につかむことが出来るはずです。

 

また、設問を解くときにもう一度文章を読み直すのは、大変非効率的です。

読み直しを減らすためにも、

線を引き、

文章を区切る意識(同時に区切ったことが分かるマークをつけておく)

で読むことで効率的に設問を解くことが出来ると思います。

 

問題演習を数多くこなして、

さまざまな文章に出会ううちに、

この文章は読みやすい、

この文章は難しくて時間がかかる、

という自分自身の傾向がつかめるようになります

 

上記したような工夫も、練習なしには身につきません。

様々なジャンルの文章に触れることで、

自信もつき、得点のばらつきも減っていきます。

 

根気のいる科目ですが、対策すればするほど得点の伸びる教科だと確信しています。

最初伸び悩むことがあっても、諦めずにぜひ頑張ってください。