こんにちは!

講師のりょっけです!

 

英単語、どうやって覚えた?

英語の学習を始めるに当たって、まずは英単語から始めようという人が多いのではないでしょうか。

しかし、いざ英単語帳を眺めてみるとその勉強法に困ったりするものです。

ここでは、僕の英単語暗記法について紹介したいと思います。

 

暗記法に正解はない!

英単語の暗記法は、100人いたら100通りの暗記法があってもおかしくはないと思います。

必ずしもこうしなければならない!というのはないです。

他の人の方法を参考にするのは構わないと思いますが、それにとらわれ過ぎないように注意してください。

 

書いて覚えた?読んで覚えた?

多くの人がまずはここで疑問に思うのではないでしょうか。

僕は両方、目で追って覚えたりノートに書いたりしていました。

しかし、全ての単語を同じようにして覚えたわけではありませんでした。次の項目で詳しく紹介します。

 

その単語、どのくらい使う?

英単語、と一口に言っても使う頻度はさまざまだと思います。

僕は、その頻度ごとに暗記法を変えていました。

単語帳などで、基礎・頻出などに分けられている単語は使う機会が多いです。

長文にはもちろん登場するし、2次試験では英作文で自分の思い通りに使える必要もあります。

このような単語は何度もノートに書いて覚えました。

英語から日本語へ、その逆も対応できるように体へ叩きこみましょう。

逆に上級・発展などに分けられている単語はせいぜい使うとしたら、難関大の長文に稀に登場するくらいです。

なんなら読めなくても解答には影響しないことだってあります。

そんな単語は読んで意味だけわかれば十分だと思います。

無駄に脳のメモリーを使わないのがこの暗記法の特徴です。

 

1回のバケツより、10回のザルですくう!

単語帳は1周で完璧に覚えるのでなく、荒っぽく何周もやりましょう。

完璧でなくて結構です。

だんだん見覚えがある状態になり、やがて自分のものになっています。

僕はこの方法を「ザルの暗記法」と呼んでいました。

※サルではありません。ザルです。

 

ここで紹介した方法もあくまで1つの方法です。

やっていくうちにだんだんと自分にあった暗記法を見つけてみてください!