みなさんこんにちは!

講師のりょっけです。

みなさんは受験勉強をしていて成績が伸び悩むことはありませんか?

同じような問題を何度も間違えてしまったとき、模試で自分の望んでいた成績がでなかったときなど、努力が結果に表れないことってつらいですよね。

私も受験生のときは学力が伸び悩んでいた時期がありました。
そんなときにお世話になった先生から受けたアドバイスについて紹介したいと思います。

 

時間と能力は比例しない!

学力をあげるために日々のコツコツとした努力は必要不可欠です。

しかし見出しの通り、時間と能力は比例関係ではないのです。

これは努力してもムダ、といっているわけではありません。

これは、勉強に限らずスポーツでも同じことが言えるそうです。

最初に勉強を始めてから、しばらくの間は実感できるほどの成長はしていないそうです。

しかし、一定の期間努力を続けていると急激に成長し、大きく実感できるようになります。

このことをbreakthroughというそうです。

これを繰り返し、力をつけていくとアドバイスをもらいました。

 

 

breakthroughはいつ来るの?

ここで疑問に思うことはどれだけ頑張ればbreakthroughは来るのか?
ということだと思います。

結論から言うと人によって違います。

頻繁に成長を感じる人もいれば、なかなか手ごたえを感じることができない人もいるかもしれません。

ゲームの世界とは違い、あといくつの経験値でレベルアップというように成長は目で見える形では確認できません。

でも、当たり前なことかもしれませんが、努力を続けていれば必ずbreakthroughは来るし、あきらめたら絶対に来ないです。

もう少しで壁を壊せるかもしれないのに、そこであきらめてしまうのはもったいないですよね。

焦らず気長に待ち続けることが必要だと思います。

 

 

成績が伸びている友達を参考にしよう

自分が不調な中、他人からアドバイスをもらうのは癇に障ると思うかもしれません。

しかし、がむしゃらに頑張りすぎて空回りしているとき、案外視界が狭くなっているものです。

そこで、一度他の人の話を聞いてみるのもいいと思います。
もしかしたら新しい発見があるかもしれません。

受験生である以上、成績が上がらなくて悩むことが一度はあると思います。

しかし、そこでの対処法によっては逆にチャンスになることだってあります。

ときには思い切って休むのもいいかもしれません。無理はしないようにがんばりましょう!