こんにちは!講師のみかです。

 

部活をしている人は、三年生の5月・6月~夏くらいまで部活をしながら勉強を進めなければならないと思います。

 

この時期は、勉強がおろそかになりがちですが、基礎固めの大切な時期で、受験でも大きなポイントになります。

 

しかし、部活で疲れて帰ってきた後、机に向かっても集中できなかったり寝てしまったりすることありませんか?

すると勉強が全然はかどらないことや、全く進まないといった状況も出てきてしまうかもしれません。

 

そこで、両立が出来るためのポイントを二つ紹介しようと思います。

 

疲れてはかどらないと感じたら、思い切って朝型に切り替えてしまおう!

 

例えば平日部活終わりで19:00~20:00くらいに帰宅し、ご飯を食べてお風呂に入って、いざ勉強をやろうとしてもすぐ眠くなってしまうというケースがあるとします。

この場合、寝る前に暗記系(単語や用語など)を確認してすぐ寝るようにします。

 

そして、翌朝5:00くらいに起きるようにして、脳がすっきりした状態で勉強に取り組むことで、より効果的な勉強が出来るようになると思います。

ただし、この方法は生活リズムを変えることになるので、始めのうちは思うようにいかないこともあります。

 

しかし毎日同じことを繰り返すことで次第に習慣化されるので、「今日寝る分、明日きちんと勉強する!」といったような意志を強く持って取り組むことが重要になってきます。

 

ちなみに睡眠時間は6時間がおすすめです。

なぜなら、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠の切り替わりの周期と一致するため起きやすくなるからです。

 

もちろん、人によってちょうどいい睡眠は異なるので、もっと寝たほうが活動しやすい!と思っている人もいると思うので、自己判断で進めてみて下さい。

 

 

空いた時間を活用しよう!

 

部活をしながら勉強を進めていくと、まとまった時間がとれないのが現状です。

そのため、短い時間でも、時間を見つけて集中して勉強することが必要になってきます。

 

まさに授業の間の休み時間がチャンス!

 

私は10分休みで早くお弁当を食べ、昼休みを勉強の時間に当てていました。

少ない勉強時間に見えるかもしれませんが、継続すれば大きな知識量につながること間違いなしです。

 

部活生はそうではない人に比べて、短時間で集中して勉強を進めていく必要があると思います。

空き時間を見つけて、集中して勉強に取り組める環境に身をおきましょう。

部活は勉強が出来ない言い訳にはなりません。

両立してどちらも充実できるようにしましょう!